ドクター

目頭切開を検討中なら慎重に美容クリニックを選ぼう

憧れのぱっちり目に

瞳

たくさんの方法があります

日本人に多い腫れぼったい目や薄い印象の目の人は、ぱっちりとした大きな目に憧れるものです。現在では簡単にできる整形として多くのクリニックで、目を大きく見えるようにする目頭切開の手術が行われています。目頭切開は蒙古ひだと呼ばれる部分を排除する方法です。日本人の多くの人が持つ蒙古ひだを排除することで、目の印象が大きくぱっちりとしたものに変わります。目頭切開はそれだけでもいくつかの方法に分けられます。三日月法と言う軽い蒙古襞の人に適用される手術方法は、傷跡が残りにくいというメリットがありますが元に戻ることもあるため取り入れていないクリニックも多くあります。W法はその字のようにWの形に切開して、縫い合わせることで蒙古ひだを消していきます。この方法はとても効果が高く人気がありますが、医師の技術力が必要になります。Z法はW法に比べて急激な変化がないため、自然に大きくすることが可能です。専門のクリニックによりこのような目頭切開を行うことで、とても印象的な魅力を作ることができます。薄い印象の見た目に悩んでいる人は、自分に合った手術方法で治療を受けられます。手術時間は30分から40分ほどで、ほとんどの場合が日帰りでできます。1週間ほどダウンタイムがありますが、抜糸をしてからも腫れが出る場合があります。手術の方法やその人の状態で回復までの時間が異なるため事前にクリニックでカウンセリングを受けておくことが大切です。